京王線沿線笹塚・幡ヶ谷・千歳烏山のガールズバークレヨン

試作用モビルスーツと三十路のテンパ

皆さん具合はどーですか??

人生楽しんでますか??

クレヨンでいろいろな店舗を放浪する藤井です。

 

いきなりですが
先日、友人達に素敵な会合に誘われました。
その素敵な会合とは『ガンプラ同好会』です。

 

ganpura
ただガンプラを作るというわけでは無く、

接合部をヤスリで削る
しっかり接着剤で接合
カラーリング
艶消し
ボディに『やられ感』を出す   etc…
かなり本格的な組合なんですね。

 

jiorama

 

震えました。

 

新人戦の時にも感じたことの無い確かな『震え』です。

 

なにせ小中と、美術関連すべて最高評価を叩き出し、千葉県で最優秀作品賞を量産した藤井です。

 

お誘いを受けた『千葉の宝、藤井』は、もちろん2つ返事で

 

『ぜひ!!』

 

です。

ota

 

後日、さっそくガンプラ持参で集まりました。
チョイスはもちろん『ガンキャノン』です。
試作用モビルスーツといわれるガンキャノン。
もともと企画初期段階では
主役張る予定だったんですよ。
おしい奴なんですよ。
僕に似てるじゃないですか??

 

kyanon

 

そんな愛着の湧く我が子とともに、友人たちと『ガンプラ』の作成を始めたんですね。

 

周りは5枚も6枚もパーツのある、部品的なものが非常に多い凝ったものを作ってたんです。

 

その中この『ガンキャノン』、試作用モビルスーツなだけに、非常に簡素なもので、
パーツ数も群を抜いて少なく、2枚ほどで仕上がる代物。

 

 

『シンプルに決めたい。そして他の誰よりも、ガンキャノンよりもガンキャノンに仕上げたい。』
そう心に決め、作り始めるんです。

 

しかし、どーにもこーにも上手くいかないんですよ これが。

 

先ほどお伝えしたとーり、藤井、千葉県で右に出るもののいない程の逸材。

 

手先の器用さでは群をぬいてるはずなんです。

 

 

そこで思い出したんです。

 

 

『あ、俺クレヨン営業中しこたま飲んでたわ』

 

『自分の手が赤いのか、ガンキャノンが赤いのか(ガンキャノンは真っ赤です)それすらわからん』
あげく
パーツが紅ショウガに見える始末。

 

 

しかし走り出した列車は止まりません。
友人のN氏が非常に丁寧に作り方を教えてくれるのですが、8割何言ってるか分かりません。

 

必死に向き合いました。
途中で休憩挟みながら、そりゃもー必死に。
そして気が付いたら、

 

自宅のベットでした。

 

 

後日、自分の様子をN氏に確認したところ、次のような返答がありました。

 

・まだバラバラの『ガンキャノン』を30分見つめ続ける
・組み立て始めたはいいが、ヤスリを永遠かけ続けてガンキャノンの左ほほが全て無くなる
・一通り組み立てるが、仕上げのスプレーがけで嘔吐
・『はんだごて』で『やられ感だ!』といいガンキャノンの足に無数の穴をあける

 

など、の奇行に走り、挙句一切の機能を失うというゲストとしてあるまじき行いを経て、
ぐちゃぐちゃになったガンキャノンを放置し去って行ったそうです。

 

旧ザクにフルボッコにされた、あのガンキャノンを自分に照らし合わせ、その日も営業中クレヨンでしこたま飲む藤井でした。

 

zaku

 

こんな男がやってる店、ガンキャノンクレヨン
少しでも興味を持ってくれたなら、ガンキャノン持参で遊びに来てみてね!

 

なかなか楽しいお話ができるんじゃーないかと思いますよ??
プラモも人生も、まず自分のコンディションて大事ですよね!

 

ではでは(^。^)y-.。o○